合成葉酸は危険?正確に判断できていますか?

 

合成葉酸を過剰に摂取すると生まれてくる子供が喘息にかかるリスクが上がると言われたとき、「合成葉酸」という言葉に注目してしまっていませんか?

 

問題なのは「過剰に」という方であって、決して合成葉酸が悪いと言っている訳ではありません。

 

そもそも、妊娠できる年齢の女性は葉酸を一日400μg摂取しましょうと言いだした厚生労働省が推奨しているのは、人工的に合成された「モノグルタミン酸型」の葉酸です。

 

決してサプリメントは天然のものを選びましょうとは言っていません。

 

過剰という言葉にも語弊があるのかもしれませんが、それは一日の摂取量が過剰ということであって、長く飲み続けると結果的に過剰になるというのはちょっと屁理屈めいているかなと思います。

 

確かに、モノグルタミン酸型の葉酸は吸収率が高い(85%)という特徴がありますから、天然の葉酸の吸収率が50%だということを踏まえると過剰摂取の危険性は上がります。

 

朝飲んだのを忘れて夜もサプリメントを飲んでしまったりする場合、過剰摂取の危険性があるのは確かに化学合成された葉酸サプリの方です。

 

また、だからと言って化学合成されたサプリメントなら何でも良いと言っている訳ではありません。

 

安価なものではサプリメントを作る過程で一体何が入っているか分かりませんからね。

 

だからこそ、本来であれば天然か合成かで危険性を判断するのではなく、そのサプリメントが安全な成分で、安全な方法で作られているかどうかで判断するのが正しいのです。

 

天然ならオーケー、合成ならダメという考え方はとても安易なのですよ。