出産手当金と育児休暇

 

育児休暇を取得する、ということができる期間は子供が生まれてから1年間になります。
つまり、出産をしてから子供が満1歳の誕生日を迎える日の前の日までになります。

 

しかし、法改正によって男性の育児への積極的な参加のために、男性も女性も育児休暇を取得するのであれば、1歳2ヶ月までは取得することができる、といわれているんですよ。

 

母親だけが育児休業を取得するのであれば1年間だけと定められています。
しかし、正確には育児休暇には産休も含まれているんですよ。
そのため、女性の場合には出産をしてから8週間は産後休業になります。

 

会社によって、就業規則で育児休業制度を設定していることもあります。
企業によって3年間もの長い間設定されていることもあります。

 

さらに公務員の育児休暇期間というのは法律によって3年間と定められているのです。
しかし、育児休暇を取得する方というのは非常に少ないそうですよ。

 

育児休暇の取得期間というのは基本的には子供が生まれてから1歳を迎えるまでの1年間と定められています。

 

しかし、特別な理由があるのであれば、期間を延長することができるんですよ。

 

また、育児休暇中にも出産手当金を受け取る事が出来る制度もありますので、是非チェックしておいてはどうでしょうか?