ここだけは気になる!

 

ーガニックレーベルの葉酸は天然原料にこだわり、豊富な栄養分を摂取できるのに安全性が高いというすごいサプリメントです。

 

原料にはキヌアをはじめ、ローヤルゼリーやザクロやマカなど、妊活成分と呼ばれるものも大量に含まれています。

 

これも良いのですが、中には多少妊娠の維持やホルモンのバランスにも影響するのではないかと思われるような成分も入っています。

 

キヌアがそもそもエストロゲン様の作用をする成分を含んでいますし、他にも高麗人参がエストロゲン様作用を持つ成分を含みます。

 

その他にもハーブや生薬と言った類の原料が大量に使用されていますから、正直なところごちゃごちゃ感があることは否めず、相当数体に合わないという方もいるのではないかという懸念が生まれます。

 

中には、一般的に妊娠中には使用すべきではないハーブや生薬類(クコの身やキダチアロエなど)も含まれていますから、むしろ注意が必要と言うべき成分のオンパレード。

 

とは言え特定の栄養を抽出するために使われた原料だろうと思いますし、それぞれは極少量なのでしょう。

 

しかし生薬やハーブを利用しておきながら、都合の良い効果は表れるけど都合の悪い効果は表れませんという話しは通用しません。

 

仮に女性ホルモンの様な作用を引き起こす原料が妊娠初期のイライラを抑える効果があるというのでしたら、ホルモンバランスの乱れによる早産や流産の可能性もアナウンスしなければ嘘です。

 

オーガニックレーベルの葉酸はGMP管理がされておりサプリメントとしては安全性が高いものではあるのですが、安全な成分であることと悪影響を与える成分であることはイコールではありません。