キヌアを知っていますか?

 

ところで、皆さんはキヌアという穀物をご存じでしょうか。

 

南米のボリビアやペルーなどで栽培されるもので、非常に優れた栄養食品として日本でも注目が集まってきているのです。

 

何を含むと言って、キヌアには含まれない栄養素なんかないんじゃないか?と思わせる程の栄養価の高さ。

 

もちろんこれは言い過ぎですが、穀物としては頭一つ抜きんでる優秀さなのです。

 

と言うのも、精白米と比べると鉄や亜鉛やマグネシウム、カリウムなどのミネラル成分が豊富(いずれも5倍から10倍の含有量!)で、脂質も高質なものをしっかり含み、たんぱく質も倍程度はある。

 

それでいて糖質(炭水化物)は精白米よりも少ない。

 

主食となる栄養食としてほぼ完ぺきな配分ですし、ダイエットにも最適で言うことなしの穀物だと言えます。

 

ボリビア政府では、妊娠した方及び産後の女性にキヌアを無償配布するらしく、栄養補給の面で非常に信頼されている穀物だということが分かります。

 

オーガニックレーベルの葉酸の栄養素の豊富さは、このキヌアに頼り切っていると言っても良いのではないでしょうか。

 

103種類もの天然の原料を使うというのですからこんなことを言うと怒られてしまうかもしれませんが、少なくともキヌアなしにオーガニックレーベルの葉酸の品質を作り出すことは不可能だと思います。

 

さらにオーガニックレーベルの葉酸では、もっとも栄養価が高まると言われているキヌアの新芽のみを利用しているのだとか。

 

キヌアの存在を知れば、オーガニックレーベルの葉酸がなぜこれほどまでに豊富な栄養素を、天然素材のみで、たった2錠に収めることができるのか分かる気がします。