デジタル妊娠検査薬がなくても慌てない

早期妊娠検査薬で陽性反応が出たということは着床直後、つまりやっとhCGホルモンが上昇してきた頃だと考えられます。

 

もちろん、生理予定日から換算してどれくらい経過しているかによっても違いが出ますので、ここでは生理予定日に検査紙でフライング検査をして陽性だった場合を想定してみましょう。

この段階では妊娠3週目に差し掛かったあたりなので胎児がとても小さく、病院に出向いても妊娠か否か確認しにくい状態にあります。ですので、病院で正確な診断を仰ぎたい場合は、ここから1〜2週間程待ってから検査してもらった方が確実と言えます。

妊娠状態ではあるもののまだ確信できない状態ですので、1〜2週間待つ余裕がないという方の場合は、デジタル式検査薬を使って検査査し直してみるのもいいでしょう。

 

 

またいざその時になって、デジタル式検査薬を備えていなかった!ということに慌ててしまう方もいるかもしれません。ですが、たとえデジタル式を持っていなかったとしても、病院に出向けば間違いのない結果をその場で出してもらうことができます。

 

もちろんタイミングが早ければ再診することになってしまいますが、デジタル式がないことで下手に結果に自信がもてず不安を抱えてしまうことを思えば、病院での診断を仰いだ方が精神的負担も軽くなる面があるでしょう。

 

検査紙で着床が確認できたということは、妊娠まであともう少しという時点には違いないはず。そんな中であなたにできることは、少しでも自分の健康に意識を向けること、またいざ妊娠発覚となった時のための準備を整えておくことにあるはずです。

 

確信が得られるまで待ちきれない気持ちは重々わかりますが、とにかく慌てることなく、今あなたに出来ることを考え、実行できる余裕を持てるようにしましょう。