超初期妊娠症状に注目してみる

時に、つわりや味の好みの変化といった妊娠症状以前に、超初期妊娠症状が身体に現れる方が存在します。

 

代表的な症状は眠さ、熱っぽさ、だるさなど、基本的には妊娠症状同様のものです。他にも唾液の量が増える、胃がムカついて食事の好みが変わる、着床出血が起こりおりものに多少の血液が混ざる...といった症状が現れることがあります。

 

つまり、たとえ基礎体温計がなくとも、超妊娠初期の状態にある自身の身体の変化に気付くことができれば、誰しもが事前に妊娠の可能性を感じとることができる...という理屈になります。もちろん、症状の出具合には個人差があるでしょうし、その変化があまりに僅かなもので、何も感じられないという方も存在するでしょう。

 

ただ少なくとも、何かおかしいな?と感じ取れたその時に、早期妊娠検査薬の用意があれば、あなたの妊娠の可能性をいち早く確信に変えることもできるだろうと思います。検査薬も100%の確率を明示できる訳ではありませんが、高精度に出来ていることには違いありませんので、その信用性は大変に高いものになるはずです。

 

例えばワンステップ妊娠検査薬であれば、生理予定日前後で90%以上の正確な検査を実現できます。生理予定日4日前からの検査が可能ですので、どのタイミングで検査するかによっても%が変化しますが、どの結果もそれ相応に確かな信用性をもつことができるでしょう。