排卵日検査薬で産み分けをしたい

 

排卵日を知るうえで基礎体温をチェックするというのは非常に重要なことです。
2日から4日という感覚でピンポイントで排卵日を特定するというのは難しいことです。

 

4日間も幅があるのでは女の子を作り出すうえで重要な種となるX精子が一人勝ちの状態を作り出すうえで欠かせない排卵日から2日から3日前のセックスを実践することができません。

 

そこで、さらに排卵日を正確に絞り込むためには、その他の方法も併用して行う、ということが重要なのです。
その方法の1つとして、排卵検査薬の使用があります。

 

排卵日検査薬というのは、様々な種類の排卵日検査薬が販売されています。

 

排卵検査薬というのは排卵直前に発生している黄体形成ホルモンの分泌量を上昇して、そのピーク時を陽性として示します。
排卵というのは、通常黄体形成ホルモン分泌ピーク時から長くても2日だといわれていますので、基礎体温における幅よりも正確性というのはかなり増加します。

 

排卵検査薬による検査方法というのは非常に簡単です。
大体の場合には尿素に含まれている黄体形成ホルモン値を測定するタイプですので、尿をかけて反応を見るだけで良いので、誰でも簡単に実践することができますよ。