排卵日検査薬で産み分け

 

男の子はもちろん、女の子でも産まれてきてくれた我が子というのは非常に可愛いものです。
しかし、男の子がほしい!女の子がほしい!
そのような希望というのはどの過程においてもあることだと思います。

 

そんな希望を叶えるための1つの手段としては、排卵日検査薬によって排卵日を予測する、という方法があるのです。
これは男の子になるY精子、そして女の子になるX精子との性質、そして寿命の違いを応用しているのです。

 

2つの精子の違いというのは、Y精子が酸性に非常に弱いです。
そして寿命は24時間であるのに対してX精子はアルカリ性に非常に弱いのです。
そして寿命は2、3日になります。

 

どちらか一方の精子が活発に活動することができる環境をつくるというのが産み分けにおいてなによりも重要なことなのです。
例えば、女の子を希望するのであれば、精子の寿命さに合わせて、排卵日2日から3日前にセックスをすることで確立を高めることができます。

 

Y精子が1日で力尽きるのに対しX精子というのは2、3日後に排卵日がくるまで生存できますので、受精することができる可能性が高くなるのです。

 

また男の子を希望する場合には排卵日当日にセックスを行うのがポイントになります。