排卵日検査薬だけで排卵日をチェックできる?

 

排卵検査薬と基礎体温を併用するというのは排卵日を特定するうえで非常に重要です。
排卵検査薬と基礎体温を合わせて検査をするようにしなければなりません。

 

排卵検査薬と基礎体温を同時に使用することで、しっかりと排卵が行われているのかどうかを判断することができます。
女性の体というのは排卵期を堺にして低温期と高温期とに分類されています。
そして排卵が行われているとグラフをつけると2相になっています。

 

生理後2週間の間に高温期に入ることが確認できれば排卵が行われていると判断することができます。

 

では排卵日検査薬と基礎体温とを併用するメリットというのはどのようなものがあるのでしょうか?
排卵日を基礎体温によってチェックすることができるのですが、基礎体温によって排卵日を判断できてもより正確に判断するうえで排卵日検査薬を使用することが重要です。

 

排卵日検査薬を使用することで、排卵日があと何日で来る!
ということを知ることができますので、いつ性行為を行えば良いのか、ということまで知ることができます。

 

また、普段から不正出血等が起こるような方や、生理が不規則な方であれば基礎体温だけでは排卵日を正確に把握することはできないのです。