排卵日検査薬と排卵出血

 

排卵出血と妊娠というのはどのような関係性があるのでしょうか?
排卵出血というのはいつが妊娠しやすいのか、という時期を判断する重要なサインとなります。

 

排卵出血は排卵日において認められる出血になります。
排卵直後に子宮内膜に存在している毛細血管が切れることで出血します。

 

排卵出血があれば、排卵が起きたということを判断することができます。
妊娠のタイミングにおいての重要なサインとなります。

 

排卵出血の時期に関してですが、排卵というのは通常周期であれば12日から15日くらいに起こります。
排卵出血というのは排卵直後に子宮内膜から起きていますので、だいたいこの時期に出血が重なることが多いです。

 

そのため、不正出血や着床出血と混同されてしまうことも多いのですが、原理は全く異なるものです。
基礎体温をつけている方というのは、低温期から高温期へと以降をするタイミングによって排卵出血が起きてしまうこともあります。
この場合にも排卵時に必ず出血をするというわけではありません。

 

このように排卵日を正確に特定するというのは簡単ではありませんので、その場合には排卵日検査薬を使用するというのも良いでしょう。
そうすればより正確に排卵日を予測することができるはずです。