カンジダ膣炎の再発と対策

何度もカンジダ膣炎の再発を繰り返してきた私にとって、再発対策は何よりも肝になる部分です。カンジダ膣炎が再発を繰り返してしまう理由は乱れた膣内環境にあります。そして乱れた膣内環境をつくってしまう原因が日常生活の乱れにより免疫の低下です。

 

疲労やストレスなどで通常であれば最近の繁殖を防げる酸性の状態にあるはずの膣内がアルカリ性に近づいてしまうと、カンジダといった細菌が繁殖するようになってしまいます。

 

 

カンジダの厄介な症状から開放されるためには、少しでも早く膣内環境を酸性に戻すことが大切です。このためにはカンジダ菌の増殖を防ぎ、免疫力をつけるための対策を実践することが必要になります。

 

症状が出ている間に使用する膣剤や予防のためのサプリメントももちろんですが、これら以外にも日頃から実践できるカンジダ膣炎の対策ポイントはいくつかあることを知りました。ここからはそのポイントについて書いてみたいと思います。

 

ひとつはカンジダ菌が好まない環境を日頃から意識しておくこと=デリケートゾーンの通気性です。カンジダは湿気の多い場所を居心地のいい場所として好みますので、日頃からデリケートゾーンが蒸れることのないよう工夫しておくことが大切です。

 

例えば、通気性のいい下着(綿100%など)を着用する、パンストや生地の厚いデニムといった蒸れやすい衣類を着用しない(出来ればスカートを着用するようにする)、おりものシートの使用を控える、生理時のタンポンやナプキンはこま目に交換する、トイレのシャワー洗浄などで陰部が湿った際はしっかりと乾かすといったことを意識をもって実行することです。

 

またお風呂で陰部を洗浄する際、石鹸などで洗い過ぎないということもひとつのポイントになります。

清潔にすることは大切なことなのですが、念入りに石鹸で陰部を洗ってしまうとカンジダを防ぐための必要な菌まで洗い流してしまったり、デリケートな部位のために表面に摩擦で傷がついてしまったりします。出来れば陰部を洗う際はお湯だけで丁寧に洗うよう心がけることをお勧めします。

 

他にも日頃の食生活において意識を向けられるポイントがあります。

カンジダ菌はイースト菌が増殖すると発症しやすくなるので、症状が出そうな時にはパン、アルコール、醤油、味噌、酢、乳製品といった発酵食品を控えるように意識します。加えてイースト菌は糖分を好みますので、糖分を控えるようにすることも再発防止に繋がると言われています。

 

糖尿病を患っている人はカンジダになりやすい傾向があるそうですが、これも甘い物の食べ過ぎや血糖値の高さがカンジダの増殖に影響を及ぼしているためのようです。そして基本的なことですが免疫を高めることも対策ポイントになりますので、疲れやストレスを溜め込まないようにする、身体を冷やさないようにするための工夫も忘れずに行うことが大切です。