カンジダ膣炎の原因について

私はまず、何故自分がカンジダ膣炎を発症してしまったかについて考えてみることにしました。カンジダ膣炎になる理由には、カンジダ菌というものが深く関係しています。

カンジダ菌は水虫などでも知られる真菌と呼ばれる菌の一種でカビの仲間でもあります。

 

 

カビと耳にすると不衛生にしてるせいでカンジダ膣炎になるんじゃない?と思われてしまいそうですが、カンジダ膣炎は不衛生さが原因でかかる病ではありません。そもそも私自身衛生的に問題があるような生活はしていませんでしたし、毎日お風呂に入り下着だって衣類だって毎日ちゃんと新しいものに交換していました。

 

そんな私でもカンジダ膣炎になってしまった理由は、普段は悪さをするような菌ではないカンジダ菌を知らず知らずの内身体で増殖させてしまっていたせいだったのです。

カンジダ膣炎はカンジダ菌が体調の変化などで増殖してしまうことで起こる症状です。別名では腸内イースト菌感染とも呼ばれていたりします。

イースト菌と耳にするとパンをイメージする方も多いと思うのですが、確かにカンジダの症状が出た時にはおりものの臭いがパンが発酵する時のような臭いになることがありました。

 

他にも、性交によって移るとも言われているのがカンジダという病気の特徴ですが、私自身は性交渉のない年齢で発症したので性交渉が原因ではないと確信できました。

そもそもですが、カンジダ菌自体は人間の口や皮膚などに存在する常在菌なので、性交渉がなくとも自らカンジダを発症する確率は非常に高い病のひとつです。

事実、日本女性の70%〜80%は一生の内に少なくとも一度は発症すると言われているほどにポピュラーで、私のように知らず知らずの内にかかっていてもおかしくない病がカンジダ症なのです。
そんなカンジダ症を引き起こすカンジダ菌にも種類が4つあって、中でもカンジダ膣炎の原因になってしまうのがカンジダ・アルピカンスと呼ばれる真菌です。この菌は健康な状態であっても身体各部、例えば口腔、皮膚、消化管内、そして女性の膣などに少数ながら存在しています。

 

女性の膣の中には乳白色の帯下と呼ばれるものがあるのですが、その中にはいわゆる善玉菌が存在して、通常であれば病的な炎症などを起こさないようバランスが保たれています。

しかし、例えば体調を崩したりして身体の抵抗力が低下してしまうと、カンジダ菌が身体各部で活性化・増殖してしまい、痒みや発疹を引き起こすようになってしまうのです。(ちなみに外陰部に感染したものであれば外陰カンジダ症、膣内に感染したものであればカンジダ膣炎と呼ばれています。)

 

こうした状態を引き起こしてしまうメカニズム自体はまだ詳しくは解明されていない面があるようですが、体の疲れやストレスなどによって免疫力が低下すると発症しやすくなるのは事実とされています。このことは私自身も思い当たる面があり、間違いのない事実だろうと確信しています。

 

またカンジダ膣炎は妊娠中の女性も発症しやすい病とされていて、妊婦検診でカンジダ膣炎と診断されることも珍しくありません。

他にも、ピルの服用や他の病にかかり免疫力が下がること、病の治療のために抗生物質を処方されその内服することなどが原因でカンジダ膣炎になるケースが存在しています。何度も言うようですが、決してカンジダ菌自体が悪さをする菌という訳ではありません。

 

口の中に存在することからも分かるように、食べ物と一緒にカンジダ菌が体内に入り込むこともありますが、通常であればタンパク質消化酵素の働きによって腸で殺菌されるため、悪さをするような心配はありません。

 

しかし免疫力の低下など体が不調の状態にあると、殺菌できずに腸から排泄物と一緒に体外に放出され膣に菌が入り込み繁殖を始めてしまうこともあります。とにかく、身体の健康状態に左右されやすい症状がカンジダ症なのです。

 

また私もそうでしたが、カンジダ膣炎の症状は生理前に発症するパターンが多いです。この理由には乳酸菌とホルモンが深く関係しています。乳酸菌はカンジダ菌を退治する代表的存在なのですが、生理の時期になるとこの乳酸菌の値が自体が減少してしまいます。

排卵日以降に減少する卵胞ホルモンの影響でカンジダ真菌をやっつける乳酸菌も減ってしまい、逆に排卵日後次第に増えていく黄体ホルモンによってカンジダ菌が元気になってしまうため、カンジダ膣炎を発症しやすくなってしまうのです。

 

妊娠中にカンジダ膣炎を発症しやすくなる理由も同様で、赤ちゃんを育てるために黄体ホルモンがたっぷり分泌されるためにカンジダの症状が出るようになってしまいます。また、カンジダ菌と戦うための乳酸菌の元となる卵胞ホルモンが極端に少なくなるために、閉経後であってもカンジダの症状が出るケースもあります。

 

このようにあらゆる理由が原因となり、特に女性であれば誰もが症状を抱える可能性が高くあるのが、カンジダ症という病の実態なのです。