フライング検査には早期妊娠検査薬を!

フライング検査は妊娠検査薬で実行できますが、中でも早期妊娠検査薬を選択する必要があります。

 

妊娠検査薬は、着床すると次第に増え始めるhCGというホルモンの量に反応して陽性か陰性かを示す製品ですが、早期妊娠検査薬は一般的な妊娠検査薬よりもその感度が高く設定されています。僅かなホルモンの上昇を完治できるため、生理予定日以前の検査も可能にすることができるのです。

 

また、妊娠検査薬というとドラッグストアなどで手軽に購入できる印象がありますが、早期妊娠検査薬は処方箋なしでは購入できない医療用医薬品に指定されています。このため、煩わしさのないネット通販での購入が人気を集めるようになっています。

 

早期妊娠検査薬はどの商品でもいいの?

早期妊娠検査薬であれば、どの製品も感度は同じですので、自分の好みで商品を選んでも問題はありません。ただこのサイトでは、感度が同じなのであればより低価格なものを選択することを敢えてお勧めします。

 

ネット通販では、ワンステップ妊娠検査薬と呼ばれる商品が購入できますが、この商品の価格は50本セットの場合で1本あたり116円になるなど、非常にリーズナブルです。検査紙一枚に116円?!...と感じる人もいるかもしれませんが、日本の製品の場合は1本500円以上はしますので、相場的には安いに違いありません。

 

これだけ安いと、安かろう悪かろうではないかと疑いたくもなりますが、早期妊娠検査薬は尿中のホルモンの量が25mlu/ml以上であれば陽性、それ以下ならば陰性を示すだけの簡易検査紙ですので、どの製品であっても得られる結果は同じになります。

 

どうしても価格に不安があるというのであれば、高価格なものを選択する方が安心も得られるかと思いますので、幾らのものを選択するかも、結局はご本人次第だろうと思います。

 

また、早期妊娠検査薬としてはワンステップだけでなく、クリアブルーデジタルという名称のデジタル式検査薬もお勧めできる商品です。こちらはワンステップよりも精度が高いことが特徴となった早期妊娠検査薬で、妊娠していれば妊娠何週目であるかについてもデジタル表示で確認出来ます。

 

ネット通販では、ワンテップ10本とクリアブルーデジタル1本のセット販売もされていますので、より正確な検査を実現させたい場合には、こちらのセット商品を選択してみるのも良いのではないかと思います。