栄養不足は神経管閉鎖障害以前の問題!

 

葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害が起こるリスクを下げられると言われていますが、障害を起こすほどの栄養不足ってそんなに簡単になるものなのでしょうか?

 

葉酸サプリの認知度が上がってきて、最近ではママの必需品のように扱われてはいるものの、「妊娠中にサプリメントなんか使ったことない」とか「葉酸?あー聞いたことあるけど気にしたことないなあ」なんてママさんもまだまだたくさんいるはず。

 

多くの場合、普通に健康であれば普通に健康な赤ちゃんが生まれるのでしょうし、いくら万全の体調だったとしても不幸な結果になってしまったり、原因は不明だけど障害を持って生まれたりということはあるはずです。

 

そもそも、栄養不足が子供の成長に影響するというのは分かるけれど、栄養不足であれば障害以前に妊娠が維持できないことの方が多いのではないでしょうか。

 

実際、健康な母体であっても流産を起こす可能性はあります。原因やきっかけは様々でしょうが、栄養不足で赤ちゃんが成長できないというのも十分な理由になる。

 

こんなことを言いだしたら、そもそも健康ではない状態で妊娠が成立することだって難しいのではないでしょうか。

 

葉酸は赤ちゃんの成長には特に大きな役割を果たすビタミンの一種ですが、それ以前に人体で重要な役割を果たすビタミンでもあります。

 

妊娠初期の段階で葉酸が枯渇状態にある場合というのは、日頃よほどの不摂生をしていたということなのではないかと思ってしまいます。

 

葉酸に限らず、妊娠の前の段階から十分な栄養を蓄えておくことはとても大事です。

 

健康であることが、妊娠の確率を高め、赤ちゃんの健やかな成長をアシストすることができ、元気な赤ちゃんを産むことに繋がる。

 

障害の話しはそれだけの経過を経た後のことなのです。

 

そういう意味で、障害のリスクとは別に、妊娠前には葉酸をはじめとする栄養が必要だと思います。