過剰摂取が怖い!飲み過ぎたらどうなるの?

 

厚生労働省で推奨される一日の葉酸摂取量は400μgで、多くの葉酸サプリメントがこの400μgを達成できる量の葉酸を含有しています。

 

ところが、葉酸は何もサプリメントからだけではなく、普段口にする野菜などからでも補えることのできる栄養のはず。

 

つまり、葉酸サプリはあった方が良いと判断した方で、普通に食事を摂れる方は、むしろ野菜を食べた分だけ過剰摂取になるのではないかという懸念が出てきて怖いですよね。

 

結論から言えば、普通にサプリメントを使用しているのであれば、過剰摂取を気にする必要はありません。

 

とは言え葉酸サプリはいくら飲んでも大丈夫という訳ではなく、一日に1㎎(1000μg)以上は過剰摂取というボーダーが存在します。

 

しかし葉酸は水溶性ビタミンで、体内からも流れ出やすいビタミンですから、気が付くと枯渇するということこそあれ、蓄積して毒性を持つというようなものではありません。

 

それに過剰摂取と言われている1㎎に達するには、一日の目安量の2倍プラス普通の食事を摂ってやっと達成できる量の葉酸です。

 

朝に飲んだのを忘れて夜も同じだけサプリメントを飲んでしまったとかということを繰り返さない限り、葉酸の取りすぎを心配することはないのです。

 

過剰摂取の症状は?

 

ちなみに葉酸を過剰摂取することによって生じる体の不調はと言えば、食欲不振やむくみ、吐き気、もしくはアレルギー反応、などのようです。

 

アレルギーはちょっと違うかもしれませんが、どれも妊娠中ならいつ起きてもおかしくない、つわりのような症状ですよね。

 

いざサプリメント飲む過ぎても症状からなんて見分けつけられないじゃん!と思われるかもしれませんが、よっぽどのこと(毎日飲んだかどうか分からなくなって二回飲むとか)がなければ葉酸サプリの過剰摂取は気にすることありません。

 

ただし、一日1㎎以上の葉酸を摂取することで、生まれてくる赤ちゃんが喘息を患うリスクが向上するということが知られています。

 

サプリメントは普通に飲んでいれば一日400μgという適正量を摂取できるように作られていますからあまり神経質になる必要はありませんが、用法用量を守らずにサプリメントを使用すると危険だということはしっかり覚えておきましょうね。