排卵検査薬と基礎体温計の役割

女性が利用できるアイテムとして、排卵検査薬と基礎体温計というものが存在します。基礎体温計は妊活中ではない女性でも使っているという方は多いものだと思います。男性にとっては縁のないものかと思いますが、ホルモンバランスの変動とともに微妙に推移する体温を測定できるのが基礎体温計です。

 

女性の体は基本的に一ヶ月に一度、生理と排卵を規則正しく繰り返しています。その規則的な流れには女性ホルモンの存在が深く関わっており、これがリズムを定めて女性器の活動をコントロールしています。子供が産める体になれば、女性は毎月子供を育てるために子宮の環境を整え排卵し、受精卵が出来なければ子宮環境をリセットします。

 

しかし中にはホルモンバランスが崩れていたり、うまく排卵が出来なかったり、特定の病気があったりすることが原因で、受精、着床、妊娠というプロセスをスムーズにこなせない場合があります。

 

基礎体温計はそのデータによって、排卵期や排卵の有無、生理周期の計算、特定の病気の兆候など、あらゆることが分かるツールとして女性にとって有効的なアイテムになります。

 

一方、排卵検査薬は読んで字のごとく排卵期をチェックするための簡易的な検査紙です。女性が使う検査薬として有名なものに妊娠検査薬というものがありますが、あれの排卵バージョンとでも言えばわかりやすいでしょうか。

 

排卵検査薬は、基礎体温計の欠点を補える製品とも言えます。基礎体温計は基本的に毎日同じ時間に測定する必要があるため、測定し忘れなどでデータの信憑性が落ちるなどの欠点があり、正確に排卵期を知るには不十分な一面があります。

 

また排卵前のホルモン量が測定できる排卵検査薬と違い、基礎体温計はリアルタイムな体温の変動を測定するので、排卵期の特徴が出る頃には妊娠のタイミングを逃してしまう可能性もあります。

 

より正確な排卵期を知りたい場合や生理周期が乱れやすく自分でも排卵期の目処がつきにくい場合には、排卵検査薬を使った方が妊娠の確率を上げることができます。