排卵検査 1日目

ワンステップ

排卵検査薬1

使い方はとってもシンプルで簡単です。採取した尿に検査薬を浸すだけです。乾燥したプラスチックまたはガラスの容器に採取と3秒浸し、平らな場所に置いて5分で結果が出ます。たったこれだけ、本当に簡単ですよね。

コントロールラインが1本くっきりと出ました。テストラインもうっすらと出ているようにも見えましたが、この場合でもホルモンが上昇している事にはならないようです。

排卵検査薬の公式サイト

クリアーブルーイージーデジタル

排卵検査薬01

使いは簡単ですが、とっても高価なので慎重になってしまいました。テストスティックとテストホルダーが別になっていて、使用する際にスティックをホルダーに装着します。直接かけるか、容器に入れての検査方法がありますが、ホルダーを濡らしたくなかったので容器に入れる方法を選びました。

採取した尿に15秒浸して3分待ちます。尿を浸した部分にキャップがついているので、待っている間も汚れないのが良かったです。クリアーブルーイージーはデジタルなので、待っている間は検査薬マークが点滅しています。3分後には○のマークが出ました。こちらもホルモンの上昇がないという結果になりました。

 

ワンステップ排卵検査薬 100回分+クリアブルーイージーデジタル排卵検査薬7回分の詳細はこちら

 

排卵検査 2日目

ワンステップ

排卵検査薬2

排卵検査薬の結果は前日と同じでした。ということは、まだ排卵の傾向はないですね。

 

クリアーブルーイージーデジタル

排卵検査薬02

写真のような結果が出てしまいました。説明書を見てみると、エラーのマークでした。
理由はいくつかあって

1、テストスティックをテストホルダーに差し込む前に、吸収チップに尿をかけてしまった。
2、尿をかけた後、吸収チップを下向きにしていたり、テストホルダーを平らにおいていなかった。
3、尿の量が多すぎたか少なすぎたかです。

私がエラーを出してしまった原因は1番の、差し込む前に尿をかけてしまったからじゃないかなと思います。それか、尿の量がすくなかったのかもしれません。次回は慌てずに、落ち着いて検査しなくちゃですね。エラーが出てしまった場合はディスプレイが消えてから、再検査する必要があります。

 

袋から出したら、テストホルダーに入れてから尿を15秒浸す。ピンクの蓋を付け直して横にすると、検査薬のマークが点滅を確認してから結果を待つ。この手順をしっかり守れば同じミスはしないですね。

 

排卵検査 3日目

ワンステップ

排卵検査薬3

まだホルモンの上昇なしでした。テストラインがうっすらと線が見えているけど、これは上昇しているっていう事なのかな?それとも、出てしまうものなんでしょうか?

 

クリアーブルーイージーデジタル

排卵検査薬03

こちらもホルモンの上昇なしのマークがでました。昨日と違って、今日は一発で検査成功!!やっと使い慣れてきました。

 

このまま毎日ホルモン上昇のマークがでなくて、無排卵だったらどうしようというドキドキした気持ちになりました。周期が安定してないから、早めの検査にしたから仕方がないのかな。

 

排卵検査 4日目

排卵検査薬4

排卵検査薬04

前日と同じで、どちらの排卵検査薬も同じ結果でした。そろそろかなと思っていたので、ちょっと心配になりました。

 

排卵検査 5日目

ワンステップ

排卵検査薬5

昨日までとは違い、変化がありました。コントロールラインの横にテストラインくっきり出ました。

今までのうっすら出ていたラインとは明らかに違う濃いラインでした。24時間~48時間以内に排卵日の可能性があるという事です。

 

クリアーブルーイージーデジタル

排卵検査薬05

ワンステップよりも少し遅れて、こちらも昨日とは違うマークがでました。ニコちゃんマークです。

こちらは24時間~36時間以内の排卵の可能性です。どちらの検査薬も同じ結果になりました。

排卵の日がわかり、安心しました。だからといって、確実に妊娠するわけではありませんが期待できそうな予感です。

 

排卵検査 6日目

今日あたりが排卵日というのが、昨日の排卵検査薬の結果でわかりましたが、排卵日にはどのような結果になるのかが気になりテストしてみました。

 

ワンステップ

排卵検査薬6

少しテストラインが濃い目なのかなという感じでした。

 

クリアーブルーイージーデジタル

排卵検査薬6

○のマークに戻っていました。

 

 

2種類の排卵検査薬を比べて使うことで気づいた点

ワンステップ排卵検査薬の注意する点は、特になくシンプルでとても使いやすいです。ただ、テストラインが毎回うすく見えるのでホルモン上昇と勘違いしないようにしないとです。

 

クリアーブルーイージーデジタルの使用注意点は何点かあります。私が2日目に出してしまったエラーですが、使用時は手順もしっかりしないとです。

◎テストスティックを袋から出したらピンクの蓋をはずし、テストホルダーに差し込んでから尿に15秒浸す。
ピンクの蓋を付け直して横にすると、検査薬のマークが点滅するのでそれを確認してから結果を待つ。

この手順を意識して使うのがオススメです。私は慌ててしまって、テストホルダーに差し込む前に尿に浸してしまったというミスをしてしまいました。大したミスではないと思うのですが、これだけでもエラーが出てしまうようです。

 

他にも違うタイプのエラーがあり、テストスイッチを取り外すのが早かった場合には、検査薬のマークと本のマークが点滅するそようです。

検査結果の判断が分かりやすいけど、ワンステップ排卵検査薬より注意する点が多くありました。

 

2種類の排卵検査薬の判断の違いもかなりありました

ワンステップ排卵検査薬はラインで確認しなくてはならないので、薄いラインが出るとこれなのかな?と迷ってしまいました。

数日間の結果を比べてみると分かるのですが、陽性が出た当日はテストラインがくっきり出ていたので、こちらでも十分に判断できるとは思います。

 

クリアーブルーイージーデジタルはマークが出るので判断がとても分かりやすかったです。

99%以上の正確さと説明書にも書いてあったので、本当に確実なんだなと期待できます。

 

クリアーブルーイージーデジタルは値段が高いので、ワンステップ排卵検査薬との2種類使いがオススメです。ワンステップ排卵検査薬で検査して、陽性のラインが出たら、クリアーブルーイージーデジタルで確実に判断するのがいいかなと思いました。

 

 

今回は、オーガニックハーブティーを一緒に購入したので、早速飲み始めました。このお茶は、妊娠しやすい体を作ってくれるお茶だそうです。妊娠力が高まる6種のハーブが入っていて、ホルモンの分泌をよくし排卵を促してくれるようです。たっぷり入っているので、毎日飲めますね。

 

初めて飲もうと思ったときは、ハーブ系の匂いが強くてちょっと飲めないかな?と思ったのですが、冷たく冷やして飲んだらさっぱりしておいしかったです。本当は冷たいものより、暖かい方が体にはいいんですけどね。

6種の中の1種で、チェストベリーというハーブが含まれているのですが、これは妊娠中には服用は薦められていないので妊娠が分かったら飲まないほうが良さそうですね。

 

今回の排卵で妊娠出来たかはこれからのお楽しみですが、ワンステップ排卵検査薬はまだまだ残っているので、もしダメでも来月また検査薬を使ってチャレンジです。排卵日が分かっているのに、妊娠しなかった場合があるとストレスを感じそうなので使うことに抵抗もありました。それでも、排卵するんだという安心感を感じたもの事実です。上手に活用しながら、妊活していこうと思います。