高齢出産がハイリスクである理由

高齢出産というとリスクが高いというイメージは強いものですよね。でも高齢出産がハイリスクである理由については、うまく説明できないという方が多いのではないでしょうか。

 

一般的に高齢出産でリスクが高いと言われるのは、35歳以上かつ初産の場合とされています。これは、年齢を重ねた分だけ産道が固くなる傾向にあるためです。産道が固いということはそれだけ分娩が長引くことに繋がり、母体にとっても赤ちゃんにとっても悪影響が出る可能性が高まると医学的にも考えられてます。

 

またこれはリスクとは少し違うものですが、年齢を重ねるに連れて単純に妊娠の確率は下がるものでもあります。

女性の卵細胞の数は産まれた時から増えることはなく、人体と共に老化していくからです。新しい生命を誕生させる上で細胞は当然に若く新鮮なものの方が良いのですが、男性の精子が日々新しく作られているのに対して、女性の卵子は新しく作られることがないという事実があります。

これこそが女性にはタイムリミットがあると言われる所以な訳です。更に高齢出産の場合、流産のリスクも高まると言われています。これは、それだけ受精卵の染色体異常が起きやすいためです。

 

染色体に異常があった場合、スムーズに受精→着床と進めないことが多いただけでなく、運よく着床し育ったとしても染色体異常が起こる可能性が高いことは否めません。高齢出産ではダウン症の確率が跳ね上がるものですが、これも染色体異常が原因で起こることです。

 

高齢出産のリスクと向き合う方にお勧めの葉酸サプリメント記事一覧

 

高齢出産のリスクの回避するには?高齢出産のリスクを完全に回避するのは難しいことですが、回避の確率を上げたり、軽減させたりする方法はいくつか存在します。何よりもまずは出来る限り早く子供をつくるということ、これに尽きます。年齢の増加と共に妊娠は難しくなり出産のリスクが高まってしまう訳ですから、今想定しているよりも早く子供を産むことを考えるのは、決して無駄なことではありません。ですがもちろん、そんなに早...

 
 

葉酸サプリメントの習慣をつける妊娠を望む女性であれば特に意識してもらいたい栄養素が葉酸です。葉酸は妊婦さんが積極的に摂るべき栄養素として医師も勧めている成分です。ビタミンB群の一つで、細胞分裂や血液を作る働きに関与する成分であることから、赤ちゃんの成長には絶対的に欠かせない栄養素になります。また、神経管閉鎖障害という重い奇形障害や、染色体異常が原因であるダウン症の発症率を下げるといった効果も認めら...

 
 

高齢出産を前向きに捉えるために高齢出産は確かにリスクの高いものです。ですが、今からご自分の体をしっかりと見直し気にかけ、健康を維持していくことでそのリスクを少しでも下げていくことはできます。ただ、リアルに妊娠や出産を考えてもいないのに、将来のために今から何かをする余裕なんてないと考える方もいることでしょう。どんな生き方を選択するかは個人の自由であり、妊娠のために今から準備を!と他人が勧めることなど...