妊娠線

MENU

赤ちゃんの成長に合わせて大きくなるお腹のふくらみは、妊婦のシンボルとも言えるものですよね。たとえ姿が見えなくても、お腹の成長はそこに新しい命が存在することを感じさせます。

 

ただ一方でそれまでは有り得なかったお腹の成長に、母体の皮膚は追いついていけなかったりもするもの。その結果、多くの妊婦を悩ませることになる妊娠腺ができてしまいます。このサイトでは、そんな厄介な妊娠腺ができる仕組みや妊娠腺を作らないための対策方法について、色々とご紹介してきたいと思います。

 

妊娠線ができてしまう理由

妊娠線は別名でストレッチマークとも呼ばれています。いわゆる肉割れのようなものになる訳ですね。では妊娠線とは一体どのような理由で起きてしまうものなのでしょうか。

 

私達の皮膚は表皮・真皮・皮下組織と呼ばれる3つの層から形成されています。この3層の内、妊娠してお腹が大きくなるにつれ伸びていくのが表皮です。表皮は急激なお腹の成長に対応しながら伸びていきますが、真皮や皮下組織の一部は表皮のようには伸びることができず、妊婦さんのお腹の成長には追いついていくことができません。

 

この際に起きてしまうのが弾性線維の亀裂ですが、伸びて薄くなった表皮の亀裂部分からは毛細血管が透けて見えるようになってしまいます。これが産後にも残る妊娠線の正体になります。

 

 

*妊娠前の皮膚
表皮・真皮(毛根などがある部分)・皮下組織(脂肪細胞や毛細血管がある部分)の3層構造で、筋肉がこれらを支えているバランスの良い状態

*妊娠中の皮膚
皮下組織にある脂肪細胞が肥大し、表皮に比べ伸縮性のない真皮や皮下組織は成長に追いつけず、亀裂・炎症を起こし赤紫色の線のある状態

*出産後の皮膚
脂肪細胞が縮小し亀裂も縮まり炎症も治まるが、赤紫色の線は白っぽく光沢のある線に変わって残った状態



 

妊娠線の多くは妊娠後6~7か月以降に見られるようになります。6~7カ月以降というと多くの妊婦さんがつわりを終え、食欲も増してくる頃ですよね。お母さんの食欲が増せば、自然とお腹の中の赤ちゃんの体重も増加し始めるもの。

 

お母さん自身もお腹だけではなく、あらゆる部位がふくよかになり皮下脂肪がつきやすくなっていきます。皮下脂肪がつきやすいということは亀裂も生じやすくなるということ。だからこそこの時期に妊娠線ができやすくなる訳ですね。

 

妊娠線は皮膚線状や線状皮膚委縮と呼ばれていたりもします。たとえ妊娠していなくても男女問わず急激に太ってしまった時や身長が伸びてしまった時に、これらの線ができてしまうことがあります。妊婦中にできるものは妊娠線と呼ばれていますが、症状自体は妊婦さん特有のものということではありません。

 

妊娠中の女性は赤ちゃんの成長につれてお腹が大きくなるだけでなく、ホルモンバランスの乱れからくる肌質の変化や心身的なストレスなど、何かと負担がかかりやすい状態にあります。こうした体と心の変化自体も症状の出やすさに影響するため、俗に妊娠線と呼ばれ知られる機会が増えたのでしょうね。

 

妊娠中であれば誰しも妊娠線はできやすくなるものですが、そのでき方については個人差が生じるものです。例えば妊娠してもあまりお腹が大きくならなかった人、元々の肌質がやわらかく皮膚の伸びが良い人などは、妊娠線が残る心配はほとんどないようです。

 

逆に小柄でお腹が突き出やすい状態の人や皮下脂肪の厚い人、元々の肌質が乾燥しやすいタイプの人などは、比較的妊娠線が残りやすいと言われています。

残る・残らないの割合を判断するのは難しいところですが、妊娠線は妊婦の2人に1人は抱える悩みとも言われています。

 

妊娠線の最大の悩みとなるが出来てしまった後、完全に消えることはないという点です。

 

出産後、妊娠線は少しずつ目立なくなっていくものですが、一度亀裂の入った皮膚が完全に修復することはなく、白いスジとなって肌に残ってしまいます。酷い場合には色素沈着してしまい、黒っぽいスジとなって残ってしまうことも...。またできてしまった妊娠線に痛みはありませんが、かゆみを伴うことがあるので搔き壊しなどに注意しなければなりません。

 

そんな厄介な妊娠線のことを考えながら憂鬱に過ごすマタニティライフなんて、誰も送りたくはありませんよね。次の項目では妊娠線を残さないための予防策についてご紹介していきます。妊娠線対策を行って、妊娠線の悩みを抱えることのないマタニティライフを送っていきましょう。

 

妊娠線ができる理由と妊娠線対策記事一覧

 

妊娠線対策を行うタイミング妊娠線を予防する上でまず知っておきたいのが、そのタイミングです。妊娠線のできる時期は人それぞれではありますが、出来やすいタイミングを知っておくことで自分に合ったケア方法に活かすことができるかと思います。*妊娠初期(~妊娠4カ月)皮膚の乾燥が大敵ですので、潤いを与え肌を柔軟に保っておくことが大切です。妊娠線クリーム等でケアを始める場合は、少しでも早い段階から実行することをお...

 
 

妊娠線対策は具体的にどのようなケアを行っていけばいいのでしょうかまず最初に挙げておきたいのがバランスの良い食生活です。つわりが終わり食欲が出始めてくると、過食になり体重が増加しやすくなります。よくお腹の赤ちゃんと二人分と表現されますが、栄養のバランスやカロリーを考えずに食べ過ぎてしまうと、当然母体と赤ちゃんにいい影響を与えません。妊娠線ももちろんですが、体重が増えすぎてしまうと妊娠中毒症や肥満胎児...

 
 

妊娠腺が気になる代表的な部位の具体的なマッサージ方法それではここからは、妊娠腺が気になる代表的な部位の具体的なマッサージ方法についてご紹介してみたいと思います。*お腹全体一番気になる部位になると思いますが、妊婦さんにとって一番大切な部位でもあります。赤ちゃんがそこにいることを感じながら、優しくなでるようにクリームを塗っていきましょう。押したり強く引っ張ったりせずに、お腹に手の平を当て「の」の字を描...