妊娠を考えるなら基礎体温計は必要?

特に今妊活中という訳ではなくとも、将来的に赤ちゃんを望んでいる女性にとって、自分の身体について把握し、コントロールしていくことはとても大切なことです。そんな風に女性が自身の身体をコントロールしていく上で、使える便利アイテムとして有名なものに、基礎体温計の存在があります。

 

基礎体温計は毎日コツコツ体温を計測し続けていくことで、自身の身体のバイオリズムを掴めるようになるものです。時に婦人病の貴重な診断材料にもなる一方、日々計測し続けなければならないという面倒な特徴を抱えています。

 

妊娠を考える上で基礎体温計は絶対的に必要なものなのか?と言われれば、決してそうではありません。あって困るものではありませんが、なくてはならないというものでもありません。性格による向き不向きで、基礎体温計を使い続けることができない!と感じる方もきっと存在することでしょう。

 

このサイトではそんな基礎体温計や、基礎体温計にも関係する早期妊娠検査薬について、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

基礎体温計+早期妊娠検査薬フライング検査のメリット

女性の身体は排卵日前に一度ぐっと体温が下がり、そこから約2週間の高温期を迎えます。

この間の女性の身体は、言わば赤ちゃんを育てるためのベットを用意しているような状態に入るのです。そして、そのベットが使われない=着床しなかったと判断されると、用意してあったベッドを片付けるための月経を迎えることになります。

 

基礎体温計は、こうした女性ならではの身体のリズムを掴む上で、大変役立てられるアイテムになります。その理由は、日々基礎体温を把握していけば、毎月の排卵期や月経期を予測出来るようになるからです。特に妊活中であるという方ならば、排卵期を把握することは非常に重要なポイントとなるでしょう。

 

一方、フライング検査とは早期妊娠検査薬を使うことで、本来であれば妊娠しているかどうか分からないと言われる段階において、妊娠を予知するための検査手段です。

 

このように、基礎体温計と早期妊娠検査薬の役割は全く異なるものです。ですが、無関係のものでも決してありません。

基礎体温計で自分のバイオリズムの把握が出来ていれば、早期妊娠検査薬を利用したフライング検査の結果もより信頼できるものになり、その分妊娠の予知も高確率なものにできます。

 

つまり基礎体温計は、フライング検査にも役立てられるアイテムになるのです。

妊活に使える、基礎体温計と早期妊娠検査薬のメリットとは?記事一覧

 

基礎体温計は不可欠ではない基礎体温計を使用している方の中には、重要なこととは分かっていても、毎日継続して体温を測り続けることがなかなかできないといった方もいることでしょう。そうした方については、無理に基礎体温計に頼る必要はないような気もします。前述しました通り、基礎体温計は妊活になくてはならないものという訳ではありません。基礎体温計で体温を計ること自体が大きな負担になってしまっているようなら、いっ...

 
 

早期妊娠検査薬は通販で!基礎体温計を使っている方もそうでない方も、妊娠を望む以上は妊娠を少しでも早く予知できたら...と思うものではないでしょうか。そんな方にこそ知って頂きたいのが、早期妊娠検査薬を使ったフライング検査です。フライング検査は聞いたことがあるけど、早期妊娠検査薬って高いし...といった印象を持っている方も少なくはないでしょう。確かに、国内で入手できる早期妊娠検査薬は、1本あたり500...

 
 

超初期妊娠症状に注目してみる時に、つわりや味の好みの変化といった妊娠症状以前に、超初期妊娠症状が身体に現れる方が存在します。代表的な症状は眠さ、熱っぽさ、だるさなど、基本的には妊娠症状同様のものです。他にも唾液の量が増える、胃がムカついて食事の好みが変わる、着床出血が起こりおりものに多少の血液が混ざる...といった症状が現れることがあります。つまり、たとえ基礎体温計がなくとも、超妊娠初期の状態にあ...

 
 

排卵検査薬も視野に入れる基礎体温を測ったことがない、極端に遅れることはないけれど生理予定日は曖昧...といった方であれば、排卵検査薬の使用もお勧めできます。妊娠はやみくもにセックスをしていても、案外実現は難しいものです。本当に妊娠を望むのであれば、セックスもタイミングを考える必要が出てきます。排卵検査薬はその名の通り排卵期の予測に役立つアイテムです。排卵検査薬を使えば、妊娠の確率を上げられるセック...