確実に妊娠したい人には排卵検査薬がおすすめ

 

妊娠を希望している女性であれば一度は気にしたことがあるであろうことが排卵日です。排卵日がきちんとわかれば妊娠する確率は格段に上がるのですが、この排卵日の特定というのは非常に難しいことです。そこで頼りになるのが排卵検査薬です。

 

排卵検査薬には唾液を使って調べるものと尿を使って調べるものがありますが、気楽に出来てわかりやすいのは尿での検査です。排卵の時には黄体ホルモンの数値が急激に上がる為、その急激な変化を尿から読み取ります。また、排卵検査薬で反応が出てから24時間〜48時間以内に排卵が起こるというのもおすすめな点です。排卵日を迎えてから行為をするのではなく、精子の待っている状態で排卵が起きた方が受精の確率が上がる為、排卵前にわかるというのはとても心強いです。

 

これに対して基礎体温は、高温期に入ってから初めて排卵日が確定するという手法です。不可能ではありませんが、これでは確率が下がってしまいます。しかし、基礎体温を測ることによってきちんと低温期と高温期に分かれているかどうかや体温がジグザグにならず安定しているかどうかを知ることが出来るので、身体に不調があら場合は早めに気付くことが出来るというメリットもあります。基礎体温と排卵検査薬、併せて利用するとより妊娠の確率が上がるのでおすすめです。