男女産み分けには排卵検査薬がおすすめ

 

排卵検査薬を使っても、男女どちらが産まれるかは受精するパートナーの精子が、男の子が生まれるY精子か、女の子が生まれるX精子のどちらが受精するかによります。しかし、このY精子とX精子の特徴を理解しながら排卵検査薬を使用すれば、男女の産み分けが可能になるのです。

 

一言で精子と言っても、Y精子とX精子には違いがあります。Y精子は酸性に弱くアルカリ性に強く、寿命が短いという特徴があり、X精子はアルカリ性に弱く酸性に強く、寿命が長いという特徴があります。排卵日が近づくと女性の膣内はアルカリ性に近づき、また性交渉で女性が満足することでアルカリ性の分泌液が出るのでY精子が生き残り、受精しやすい環境に近づきます。また、寿命が短いY精子の受精を望むときには、排卵検査薬を使って排卵日当日を狙って性交渉を行うことでさらに男の子を妊娠しやすくなります。

 

女の子の場合には、X精子の寿命が長いため、排卵日の前日または前々日に性交渉を行い、さらに女性の膣内がアルカリ性に傾むいてしまう前に精子を送り込めば、X精子の方が受精しやすくなります。さらに性交渉の前にパートナーに禁欲してもらうことで精子の数が増え、妊娠しやすくなるとも言われています。