先天性の障害より先に気にすべきは親の栄養です

 

葉酸は妊娠後よりも妊娠前の方がむしろ重要な栄養分なのではないかというお話をしたいと思います。

 

妊娠後よりも、ということはないでしょうが、少なくとも同じくらいには必要な栄養素であるはずなのです。

 

確かに、「妊娠中、葉酸が足りないと子供が奇形になって生まれてくる可能性がありますよ」なんて言われたら恐ろしいですよね。

 

さすがに奇形なんてデリカシーのない言い方をするような人はいないと思いますが、葉酸を摂取することで生まれてくる子供が神経管閉鎖障害を持って生まれてくる可能性が下がる、と言われています。

 

母子手帳にも葉酸の重要性は書かれているし、妊娠したならば医師にもある程度指導を受けるはず。

 

何より厚生労働省が妊娠できる年齢の女性は一日400μgを目安に葉酸を摂取すると良いですよ、という通達を出しています。

 

それなら葉酸を摂らなきゃだめだ、葉酸は必要だとなるワケで、実際に葉酸の重要度は広く国民に知れ渡ってしますし、コンスタントに十分な量を摂取できる葉酸サプリメントの需要も高まっています。

 

しかし、葉酸は赤ちゃんのためよりも先に、その親となるご夫婦にこそ必要なのだということを忘れてはいけません。


 

赤ちゃんより親が大事

 

実際、葉酸は妊婦さんがお腹の中で赤ちゃんを育てるのには不可欠な栄養素の一つです。

 

当然、栄養が足りなければなんらかの不具合が起きる可能性もあります。

 

しかし普通に食事を摂れるのであれば決して必要以上に心配する必要はありませんし、仮に少しくらい栄養が足りなかったからと言って即不具合を来すということもないでしょう。

 

芽吹きだした命はたくましく、容赦なく母親から養分を吸い取り、成長しようとします。

 

栄養が足りなくて困るのは赤ちゃんではなくお母さんの方なのではないでしょうか。

 

とは言え、葉酸や葉酸サプリが必要ないと言っている訳ではありません。

 

日本だけではなく、各国で葉酸の重要性は知られているのですから、念のため程度でも摂っておいて損をする栄養ではないのです。

 

ところが、葉酸は妊婦さんが飲むもの、という認識に少し偏っているのではないかという気がします。

 

  • 葉酸は妊娠中もそうですがそれよりもまず妊娠前に飲み始めるのが必要だと言うこと
  • そして子供を体の中で育てることとなる女性はもちろんですが、妊娠前というのであれば健康な精子をたくさん作るために男性こそ意識して摂った方が良い
  • さらに、子供が神経管閉鎖障害を持って生まれてくる以前に、栄養不足であればそもそも妊娠が成立しにくい

 

この3点は男女問わず妊娠前にこそ葉酸を摂った方が良いと筆者が考える根拠です。

 

以降、それぞれ詳しく解説していきます。

 

 

葉酸と二分脊椎症 先天性の障害より先に気にすべきは親の栄養です記事一覧

 

葉酸を飲み始めるのは妊娠前が理想!これは今更言うまでもない、もはや一般常識レベルのことかもしれません。妊娠を計画しているなら早めに葉酸を摂取しましょうね、って葉酸サプリに感心のある方なら至るところで目にしているはずです。その理由は、妊娠のごく初期の段階から葉酸の消費量が著しくアップするから。それに、文字通り人間の根幹をなすものである神経管(脳や脊椎)が作られるのも極初期だから、そのときに葉酸が足り...

 
 

栄養不足は神経管閉鎖障害以前の問題!葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害が起こるリスクを下げられると言われていますが、障害を起こすほどの栄養不足ってそんなに簡単になるものなのでしょうか?葉酸サプリの認知度が上がってきて、最近ではママの必需品のように扱われてはいるものの、「妊娠中にサプリメントなんか使ったことない」とか「葉酸?あー聞いたことあるけど気にしたことないなあ」なんてママさんもまだまだたくさん...

 
 

まずは自分達のために葉酸を始めましょうさて、まだ妊娠されていないのでしたら、栄養不足による赤ちゃんへの悪影響というのはちょっと心配するのが早すぎなのではないか、というのがこのお話の趣旨でした。もちろん赤ちゃんのことを考えて葉酸サプリを選んだり、栄養や成分に気を付けたりするのは当然のことだと思います。しかし、あなたの体ありきの赤ちゃんの体です。そしてさらにさかのぼると、健康な精子があってこその赤ちゃ...