ドゥーテスト妊娠検査薬

ドゥーテストは生理予定日一週間後から検査することができる妊娠検査薬で、クリアブルーと並んでポピュラーな製品です。フライング検査用ではなく、感度は低めに設定してありますので、できるだけ早く結果が知りたいという人にとっては不向き。

 

ではどういう人にドゥーテストのような妊娠検査薬が有効なのでしょうか。

 

フライング検査用ではない、一般的な妊娠検査薬には生理予定日一週間後から検査可能とは表記されていますが、おそらく生理周期が比較的安定しているという人でなければ、生理が一週間遅れるくらいのことはよくあることだと思います。多くの方が一週間の遅れはあまり気にせず、10日、二週間と遅れるころになるとやっと妊娠の可能性を気にしだすものでしょう。

 

生理周期が安定しており妊娠を心待ちにしている方であれば一週間の遅れは大きな兆しですからすぐに検査して早く結果を知りたいと思われるかもしれませんが、あまり妊娠について深くは考えていなかったという人にとっていつから検査できるかという部分はあまり重要ではないのです。

 

ホルモンの分泌量には個人差がありますが、生理予定日の一週間後であればまだ妊娠をしていたとしても初期であって、ドゥーテストのような低感度の妊娠検査薬でははっきりと陽性を示さないこともあります。薄ぼんやりとピンク色の線が見えるんだけど、これって陽性?という風に、確信を持てない結果になることもあるのです。

つまり、ドゥーテストは急いで検査するような妊娠検査薬ではないということ。

 

一回目の検査ではっきりしなかったのであればまた何日か待って調べてみようという感じで使う検査薬なのです。もし、できるだけ早い段階で妊娠を知りたいのであれば、フライング検査用の妊娠検査薬を使うこと。

 

ところが急いでいないのであれば、ドゥーテストのような低感度の検査薬ではっきりと陽性が出ればほぼ間違いなく妊娠が成立したことが分かりますから、病院に行く前に自分でしっかり確認したいという方にはおすすめ。

 

フライング検査用の妊娠検査薬は感度が高いので着床間もない状態でも陽性の診断ができるのですが、その分、まだ比較的不安定な状態で、化学流産の可能性もある段階だという認識が必要です。
それゆえにあまり早く知る必要がないという人もいて、そういう方にはドゥーテストのような妊娠検査薬が選ばれているのです。

 

基礎体温計と併用して!

妊娠検査薬には必ずいつから使えるといことが明記してありますが、基本的には生理周期が安定していることを前提としています。ところが、生理周期は安定しない人も多く、いついつから使えると言われても正確にいつから使えば良いか分からないという方も多いのです。

 

生理が一週間遅れるなんてことも珍しくはないし、栄養状態や精神状態によっては一月遅れることもあるという方もいるでしょう。そのような状態では適切な時期に妊娠検査薬を使うのは難しく、持っていても使いどころが分からないということにもなりかねません。

 

そのようなわけで、生理周期が安定しない人こそ基礎体温計をしっかりつけて体内のリズムを把握し、いち早く体の変化に気付けるようにしておくと良いのです。基礎体温計は妊娠の判断がしやすくなるだけでなく、排卵期が分かり、病気の診察データにもなるという優れものです。

 

続けて記録を取るのは少し根気がいるかもしれませんが、フライング用の妊娠検査薬を使うにしてもドゥーテストのような検査薬を使うにしても、適切な使用時期が分かり、検査結果に確信を持つためにも、基礎体温計の併用は是非取り入れていただきたいところです。