クリアブルー妊娠検査薬

クリアブルーはオムロン社が正規代理店を務める、クリアブルーブランドを代表する妊娠検査薬です。洗練されたデザインが特徴で、世界50ヶ国で販売されており、シェアナンバーワンを誇ります。

 

生理予定日一週間後から検査可能な妊娠検査薬なのでフライング検査には向いていません。生理予定日一週間後から検査可能と言いますが、HCGの分泌量や分泌の仕方には個人差があります。ホルモンがゆったり上昇する人もいれば急に上昇する人もいる。

 

ゆったり上昇するタイプの方にとって生理予定日一週間後というのは必ずしも確実に正しく検査ができる日という訳ではないようです。「いや、ちょっと待って、そういう個人差も見越した上で、生理予定日一週間後という風に決められているんじゃないの?」確かにその通りですよね。

 

だからこそ、パッケージに明記してある検査開始可能日にもし陰性であったなら、素直に陰性だと捉えるのが正しい。自分のホルモンの分泌の様子なんて分かりませんしね。しかし、妊娠検査薬は複数の種類を使う方もけっこういるものです。セカンドオピニオンのような感じです。

 

一方の検査薬でなんとなく陽性だった。うっすらと線が出てきた。それで念のため別の検査薬で検査すると、こちらは完全な陰性。どっちなの?どっちの検査薬を信じれば良いの?という心境になります。

 

そして当然、妊娠を望んでいるのであればうっすらとでも陽性の反応が出た方を信じたくなってしまう。クリアブルーは正確な妊娠検査薬です。とは言え特定のホルモンに反応する単純な試験紙には違いありません。

 

当然、妊娠初期であれば微妙な反応を示すことがあるでしょう。実際、クリアブルーは比較的ホルモンの分泌量がまだ少ない状態でも、その分うっすらと反応を示すことが多いようだという口コミも見かけます。

 

しかし、もしこの段階ではっきりした陽性反応を知りたいのであれば、フライング検査が可能な妊娠検査薬(感度が高い検査薬)を使用することをおすすめします。そうじゃなくてあくまで正確な判定結果を知りたいだけと言うのでしたら、検査薬を変える必要はありません。

 

気持ちが逸る気持ちはよく分かりますが、もう何日か待って、もう一度クリアブルーを使ってみてください。クリアブルーは世界シェアナンバーワンのとても信頼されている妊娠検査薬で、判定結果はとても正確です。

フライング検査用ではない妊娠検査薬は、妊娠初期やホルモンの分泌がゆっくりな人の場合、判定が遅れることがあります。そういう認識をもって、ゆっくり検査することをおすすめします。

 

クリアブルーの注意点!

 

クリアブルーの判定時間は約1分と短いものです。妊娠初期などでホルモン量がまだ微量だったとしても微妙に陽性反応が表れることはありますが、それ以外にも蒸発線と呼ばれるうっすらとした線が時間の経過とともに後から表れることがあります。

それを陽性反応と勘違いしてしまう方がいるのですが、クリアブルーで検査をしたとき、判定までにかかる時間は約1分。その時間を大きく超えた後検査薬に変化があったとしても気にしないようにしましょう。

 

 

また、クリアブルーは結果が残らないタイプの妊娠検査薬です。結果が残るものでしたら、ここではご紹介していませんが、アクラスの「チェックワン」という製品が代表的。

 

クリアブルーは後で旦那様に結果を見せるということはできない検査薬ですので、もし結果を残したいのであれば、写真を忘れずに撮りましょう。見せたければもう一回検査すればいいじゃない、という意見もあるかもしれませんが、初めての陽性反応はやっぱり記念になるものですからね。